末永くお幸せに

会社同期の結婚式の2次会に行ってきました。

入社10年目。

それぞれの場所で頑張っている仲間。

いろんなところへ転勤したり、忙しく出張で飛び回っていたり、結婚して退職した子、転職した子。

社会人なりたての頃は、よくみんなで飲み会もしていたけれど、そんな事情で集まる機会も減ってきていました。

 

それでも、同期からの嬉しい報告に、ほとんどの同期が出席していました。

いろいろあったけれども、やっぱり最初みんなで入社した仲間には変わりがありません。

久しぶりに会った同期もたくさんいて、本当に楽しかった!

みんなで同期の新しい門出をお祝いしました。

 

結婚式って、とっても幸せな気分になりますね。

まさに幸せのおすそ分け。

笑顔いっぱいの新郎新婦に、同期との久しぶりの再会、とても素敵なひと時でした。

そしてパワーが充電できました。

仕事もだんだんと難しいことを任されるようになり、後輩もでき、たまにしんどいときもあったりするけれど、また頑張れるます。

次はだれの結婚式で再会できるかな~なんて話したり。

次は私がいいなと思ったのでした(笑)薬剤師求人 非公開情報ナビjp

今時の若い子は気楽でいい

私が勤めている会社に若い女の子が入社してきた。歳は、22歳でなんとその子の母親と私は同い年。確かに今月25歳になる息子が私にはいるが、ついに職場で親子ほどの年齢差の人材が採用されてくるとは、自分の年齢がはっきり自分に圧し掛かってきた感じ。私は自分で言うのもおかしいが、見た目は若くみられるので少々得だな~と思っていたけど、実際今時の若い女性というか女の子を目の当たりにすると、口が裂けても自分は実年齢より若く見られます、なんて絶対に言えない。おばさん体型にならないように気を付けるので精一杯だ。化粧も濃すぎず、ナチュラルにしているが、やっぱり今の子はしっかり、ばっちりメイクで仕事に来れるんだと実感している。内の会社は、特に制服を着なければいけないということはないので、皆自前でそれなりの格好をしている。しかし、今時の子は、スカートでも丈の短いフリルの物やタイトスカートでもやっぱり丈が妙に短い。黙っていたけどちょっと同僚に聞いてみたら、なんと皆影ではいろいろ言っているのを聞いて、自分だけが気にしていることではないんだと少し安心した。でも、誰も彼女に教えてあげないんだから、社会も怖いと思った。